○ 右親指の痛み  50代 女性

「5か月前から右手親指の付け根が痛くなった。やかんや鍋を持ったり、
包丁・ハサミを使う、結帯(けったい)動作や結髪(けっぱつ)動作などで親指付け根が痛んで出来ない。雑巾をしぼろうとすると激痛が走る。(本人談)」

第1回治療
月状骨周囲の長母指伸筋腱に圧痛と動作痛がありました。
ただし長母指伸筋腱単体の異常だけではなさそうで、上腕と前腕に強い緊張・圧痛を認めました。肩関節・肘関節の動きによって親指の痛みが誘発されることからもそのことがわかります。
肩へのお灸と上腕・前腕への針施術、自宅でのストレッチ(4種✕3回/日)を指導してその日は終了。

治療後
親指を楽に動かすことができるようになりました。

第2回(治療開始3日目)
前回の治療翌日から「結髪動作・結帯動作ができるようになった。雑巾をしぼろうとするとまだ少し痛い(本人)」 この日は肩へのお灸と上腕・前腕への針に加え、誇張法で後頭部から胸郭にかけて筋組織を緩めました。

第3回(治療開始12日目)
前回の治療後から「雑巾をきつくしぼれるようになった。包丁・ハサミを使っても 痛くない(本人)」とのこと。この日も前回同様の施術内容で治療終了。

 5か月間続いた親指の痛みは、3回の施術で日常生活が楽に過ごせるまでになりました。各種徒手検査により、なぜ痛むのかを突き止め、狙い撃ちすることが大事だと思っています(今回のクライアントに対して痛みの生じている患部にほとんど手を触れていません)。  
 また、すべての症状について言えることですが、治療効果を持続させるためには、日々の適切な全身ストレッチと運動が欠かせません。手や足など末端の痛みであっても体幹をストレッチで緩めておくことは再発防止にとても有効です。


○ 肩の痛み  40代女性

「2週間前から徐々に肩関節が痛くなり、3日前からTシャツ等の脱着衣が痛くて出来なくなった。肩関節を水平(90°)以上に挙げると激痛がはしる(本人談)」

第1回治療
背骨と肩関節の矯正を行いましたが、効果がなかったので鍼治療に変更しました。この方は鍼治療によく反応しました。小指の指先に1本だけ7分ほどの置き針だけですが痛みは軽減しました。
治療後
肩は160度まで上げられるようになりました(正常可動域は180度)。「肩の痛み50%減(本人)」

第2回(治療開始5日目)
前回の治療後から「Tシャツ等の着脱衣で痛みを感じなくなった」とのこと。本日の治療は膝下のツボ2つと肩のツボ1つに針をして終了。
「肩の動きは正常に戻り、痛みはなくなった(本人)」

第3回(治療開始18日目)
前回の治療後から「肩の痛みはほとんど気にならない(本人)」本日で治療終了。

1ヵ月後に治療経過についてご連絡頂きましたが、肩の痛みはまったくないとのことでした。


○ 痺 れ 左手の平の痺れ・左肩の重だるさ  30代男性

6か月前サーフィンをしていて波に巻かれた(以後、左肩が重だるい)
4か月前から左手のひらが痺れはじめた。病院のMRI・レントゲン検査で 頚椎ヘルニアと診断された

第1回治療 
骨盤~頚椎まで整体治療を行ないました。
治療後
「左手の痺れ 90%減。 左肩の重だるさ がなくなった(本人)」

第2回(4日後)
治療は前回と同じ。
治療後
「左手の痺れ95%減。手のひらに少し違和感がある(本人)」

第4回(11日後)
自覚症状は95%減。筋肉を弛めるストレッチ法を再発防止のため毎日やってもらうようアドバイス。痺れの治療は終了としました。


「当院の治療について」のページで治療法をご紹介しています。

「治療例(下肢)」「治療例(体幹)」
「治療例(その他)」
「治療例(訪問マッサージ)」


「上肢の治療例」を順次更新していきます。